依頼者の立場にたった目線を大事に 一緒に借金解決を目指します

司法書士佐藤法務事務所

相談料
着手金
成功報酬
夜間相談
-
土日対応
-
  • 司法書士佐藤法務事務所
事務所名 司法書士佐藤法務事務所
電話番号 準備中
受付時間
定休日
住所 〒368-0051 埼玉県秩父市中村町1-6-4
アクセス方法
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
取り扱い可能な事案
  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 後払い可

司法書士佐藤法務事務所の強みと特徴

地域に根差して活動する秩父の司法書士

最良の解決方法を納得してもらえるまでご説明

埼玉県秩父市の「司法書士佐藤法務事務所」の代表司法書士・佐藤洋一です。以前、債務整理を専門に手掛ける都内の事務所に在籍して、借金問題の解決に数多く携わってきました。現在は縁あって秩父に拠点を移し、地域に根差した法務サービスをご提供しています。

ひとことで債務整理といっても、いろいろな方法があります。当事務所では、まずは面談の際に相談者の方の話をよくお聴きし、依頼者にとって最良の方法を納得いただくまで時間をかけて決めていきます。債務整理分野の相談料は無料でお受けしていますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

債権者に受任通知を送付すると返済が止まる

債務整理の主な方法は任意整理・自己破産・個人再生

弁護士や司法書士が債務整理の手続を受任すると、直ちに受任通知を債権業者に送付します。それによって、債権者からご本人への直接の返済の要請や取り立てができなくなります。返済自体が止まり、精神的なプレッシャーから解放された上で、今後の解決方法について依頼者の方と一緒に考えてまいります。

実際に債務整理の手続に移る場合、その方法は大きく3つあり、「任意整理・自己破産・個人再生」が挙げられます。債務の状況や生活の収支状況や財産状況、さらには今後の収入の見通しなどを丁寧にお聴きし、最適な解決策を選択することが重要になります。

〔任意整理〕今後の利息をカットして債務を軽減

期間をできるだけ延ばして月々の返済金を安くする方法

任意整理は、借入先の会社と直接交渉して、借金総額を減らした上でできるだけ長い分割払いにしてもらい、月々の返済金を安くする方法です。今後の利息をカットし、返済期間をできるだけ延ばすことで、月々の返済を楽にしていくことができます。

つまり任意整理は、利息を除いた元本の返済を最後まで続けていく債務整理の方法です。そのため、途中で返済が頓挫することなく、完済が見通せるか否かがとても重要となります。今後の毎月の収支予定を細かく検討し、最後まで返していくことができるかどうかを依頼者の方と一緒に考えてまいります。

「できるだけ返したい」の想いに応えて解決

安心して返済を続けられる「返済代行」の仕組みも

法律事務所の中には、深く検討することなく、比較的安易に破産を選択するところもあるようです。けれども当事務所では、ご本人が「できるだけ返したい」というご要望があるなら、その想いを叶えられるよう、債権業者と粘り強い交渉を行うことを大事にしています。

また当事務所では、債権業者への返済手続を当事務所が行う「返済代行」の仕組みもご用意しています。依頼者の方から事前に事務所にお金を入れていただき、返済期日に当事務所から業者に返済額をお支払いするもので(若干の手数料が生じます)、期日を忘れたりすることなく、安心して返済を続けていくことができます。

任意整理の手続は、できるだけリーズナブルな費用設定で行うことにも留意しており、依頼者の方の今後の生活再建に重きを置いてサポートしていきたいと考えています。借金の返済が苦しいと感じる状況になれば、まずは一度ご相談いただければ幸いです。

〔自己破産〕裁判所を通して借金を免除してもらう手続

経済的な再生を根本から図ることができる大きなメリット

月々の返済額を安く抑えたとしても返済が困難な場合は、裁判所を通して、借金を免除してもらうことができます。これが「自己破産」です。経済的な再生を根本から図ることができ、生活の収支も一から立て直すことができる点で大きなメリットがあります。

自己破産は「破産」という言葉の響きから、必要以上にネガティブにとらえる方もおられます。けれども破産は、債務者救済のために法律で認められた制度であり、後ろ向きに考える必要はありません。たとえば不動産など高価な財産をお持ちであれば手放していただくことになりますが、それ以外の生活用品や生活費程度の現金・預貯金は残りますから、当面の生活に不都合はほとんどないといっていいものです。

当事務所では、破産のメリットとデメリットを依頼者に丁寧にご説明。破産手続はあくまでも生活再建のための手段であることをしっかりと認識してもらい、二度と過剰な借金ができないよう丁寧にアドバイスしてまいります。破産のための手続も、最初から最後まで司法書士自身がご対応し、親身にサポートしますのでご相談ください。

〔個人再生〕裁判所への申立てで債務を大幅に圧縮

マイホームを残したまま、借金を大きく減らせる特則も

破産のほかに、裁判所に申立てを行う債務整理の方法に「個人再生」があります。破産のように借金を全額免除してもらうのではなく、債務を大幅に減額してもらう方法です。

たとえば、マイホームをお持ちの方が自己破産した場合、せっかくのマイホームを手放していただかざるを得ません。しかし、「個人再生」をすることにより、マイホームを残したままで、住宅ローン以外の借金を基本的に5分の1に圧縮してもらうことができます。こうしたケースや、何らかの理由で破産が難しい方は個人再生の選択を検討します。

払い過ぎた利息を返してもらう「過払い金請求」

債務者救済の視点に立ち、依頼者目線での解決を目指す

「過払い金」という言葉を聞かれたことのある方は多いと思います。貸金の利息は年18%までしか取ってはいけないことになっています。これを超える利息を支払ってこられた場合、払い過ぎた利息である「過払い金」を返してもらうことができます。これが「過払い金返還請求」です。

完済済みの方も、10年経過するまでは過払い金返還請求ができますので、心当たりのある方は早めにご相談ください。当事務所はあくまでも債務者救済の視点に立ちながら、依頼者のご要望に応える形で納得いただける解決を目指しますのでご相談いただければ幸いです。

長期間放置された債務は「時効」になるかも

消滅時効の効果を得るには「時効の援用」が必要

借金が長期間にわたって放置されているような場合には、時効の成立によって借金返済が不要になることがあります。このことを借金の「消滅時効」と言いますが、消滅時効の効果を得るためには「時効の援用」が必要です。いきなり債権業者から督促のハガキなどが届いた場合など、まずは相談されることをおすすめします。

司法書士佐藤法務事務所からのアドバイス

借金問題は、必ず何らかの解決が図れます

借金でお困りの方は、1人で悩みを抱え込まず、一度当事務所までご相談ください。借金問題は、司法書士などの専門家に相談・依頼をいただくことで、必ずや何らかの解決が図れるものです。最適な改善策を検討してまいりますので、いつでも遠慮なく相談いただければ幸いです。

所属認定司法書士

代表 認定司法書士 佐藤 洋一(さとう よういち)

所属司法書士会 埼玉司法書士会
認定番号 第601271号

司法書士費用

任意整理

過払い金請求

自己破産

個人再生

アクセス

埼玉県秩父市中村町1-6-4

〒368-0051 埼玉県秩父市中村町1-6-4

事務所概要

事務所名 司法書士佐藤法務事務所
代表者 佐藤 洋一
住所 〒368-0051 埼玉県秩父市中村町1-6-4
電話番号 準備中
受付時間
定休日
備考

その他の埼玉県の債務整理に強い弁護士