5,000件超の相談実績! 豊富な経験で依頼者のメリットを最大化

弁護士法人札幌パシフィック法律事務所

相談料
無料
着手金
事案ごと
成功報酬
事案ごと
夜間相談
-
土日対応
可能
  • 弁護士法人札幌パシフィック法律事務所
事務所名 弁護士法人札幌パシフィック法律事務所
電話番号 050-5267-5652
受付時間 平日 9:30〜18:00、土曜日 10:00~17:00
定休日 日曜・祝日
住所 〒060-0004 札幌市中央区北4条西2丁目1-1 カメイ札幌駅前ビル7F
アクセス方法 地下鉄さっぽろ駅から徒歩1分
JR札幌駅南口から徒歩5分
  • 電話受付可能
  • 初回相談無料
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 任意整理
  • 債務整理
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 過払い
  • 相談無料
  • 後払い可
  • 土日電話
メール受付はこちら

弁護士法人札幌パシフィック法律事務所の強みと特徴

債務整理の得意な大手事務所で経験を蓄積

借金問題に悩む方に最適な債務整理の方法をアドバイス

札幌市中央区にある「弁護士法人札幌パシフィック法律事務所(札幌弁護士会所属)」の弁護士、佐々木光嗣です。私はこれまで、前職までの事務所を含めて5,000件以上の債務整理に関する相談実績があります。債務整理に特化した大手事務所での経験もあり、豊富なノウハウを生かして借金問題に悩む方に最適な債務整理の方法をアドバイスしていきます。

当事務所はJR札幌駅・地下鉄さっぽろ駅から徒歩8分の場所にあり、特に創成川イーストエリアからのアクセスが便利な立地です。当日・休日・夜間のご相談も事前の予約をいただければ柔軟にご対応。初回は相談料無料でお受けしていますので、まずはお気軽にご連絡ください。

できるだけご本人の要望に沿って検討

安易に自己破産の手続きを勧めるようなことはしない

借金の問題はどうしても1人で抱えがちで、誰かに相談するのは勇気のいることです。その点、弁護士は守秘義務がありますので、誰にも知られることなく借金の悩みを打ち明けていただけます。当職は相談者の方のお気持ちを考えながら、できるだけ優しく柔らかく対応していくことを常に大切にしています。

債務整理のための手続きには、大きく挙げて「任意整理」「自己破産」「個人再生」の3つがあります。どのような解決方法をお望みは、まずはご本人の思いについてじっくりと話をお聴きします。そしてご要望通りの解決方法が可能かどうか、弁護士の視点で詳細に検討。相談者の方の状況にとって最もふさわしい方法を選んで根拠をご説明し、納得していただいた上で具体的な手続きを進めていきます。

当職にいただくご相談では、任意整理と自己破産のどちらの手続きを選択するかの割合は、ほぼ半々といえるでしょう。「とにかく自己破産」と決めつけてしまう事務所が少なくないなかで、安易に破産の手続きを勧めるのではなく、あらゆる可能性を探りながら、依頼者の方の思いに最大限にお応えすることを大事にしています。

交渉によって返済負担を減らす「任意整理」

過払い金が見つかり借金がなくなるケースも

任意整理は裁判所を通さずに、弁護士などが債権者に対して利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉し、返済の負荷を軽減する手続きです。裁判所を通さないことから早くに解決がはかれ、家族に知られることなく手続きを進めることができます。

手続きを進める中で、払い過ぎていた利息である「過払い金」が見つかることもあり、過払い金の返還分を元本返済に充当することで、借金を完済できてしまうケースもあり得ます。

ただし任意整理は、元本そのものを圧縮するのではなく、利息カットや返済期間の繰り延べを交渉する手続きですので、過払い金による充当がなければ、劇的に返済の負荷が軽減することは原則としてありません。依頼者ご自身に、完済することが見込める一定の安定した収入があることが欠かせないでしょう。

債務の返済義務がなくなる「自己破産」

借金に悩む方の経済的再生を促し、リスタートを後押し

一方で、借金問題で苦しむ方々にもっとも効果的といえる手続きが「自己破産」です。これは国が認めた多重債務問題の救済措置の1つで、裁判所が免責を決定することによって、それまでの債務の返済義務を免れることができます。つまり、借金が「ゼロ」になるわけです。

ただしその際には、ご自身が保有する一定の財産を清算しなければならず、士業などの一部の職業に就けなくなるという制限もあります。また借金の理由(浪費やギャンブルなど)によっては免責不許可事由に該当してしまうことがあり、自己破産できないというケースもありますので注意が必要でしょう。

当事務所では、自己破産に関するデメリットも十分にご説明した上で、納得して手続きに進んでいただくことを心がけます。自己破産は言葉だけ聞くとマイナスイメージが先行するかもしれませんが、借金で苦しむ方にとっての経済的再生を促し、人生の再スタートが切れる確固たる仕組みです。前向きにとらえていただけるようしっかりとサポートしていきます。

住宅ローンの以外の債務を圧縮する「個人再生」

マイホームを守ることができる点が最大のメリット

個人再生は、住宅ローンを含めた債務に苦しむ方に対して、その住宅を手放すことなく経済的に立ち直るための方法です。具体的には、住宅ローン以外の借金の総額を5分の1、または原則100万円まで減額した上で、3~5年の期間で返済していきます。

この方法は、マイホームを守ることができる点が一番のメリットといえますが、裁判所が介在する手続きでもあり、自己破産以上に厳しい要件が伴います。煩雑な事務処理も必要ですから、早めに弁護士のサポートを得ていただくことをおすすめします。

「過払い金返還請求」の無料相談もOK

完済していても過払い金が含まれている可能性がある

「過払い金返還請求」は、利息制限法で定められた利率よりも高い利息を取っていた貸金業者から、ご自身の「払い過ぎていたお金」を取り戻すための手続きです。

過払い金請求は一時に比べると件数は少なくなりましたが、それでも平成20年頃までに消費者金融などからお金を借りたことのある方は、たとえ完済していても過払い金が発生している可能性があります。

当職では、過払い金があるかどうかの、いわゆる「過払い金診断」についても無料で行っていますので、心当たりのある方は、まずはお気軽にご相談ください。

消費者金融業者の特徴や基準をよく知る弁護士

依頼者の方の最大限のメリットにつながる交渉が可能に

たとえば任意整理は相手方業者との交渉になり、利息の圧縮額や返済回数などには債権業者である会社ごとの基準があります。当職は大手の金融業者はもとより、地場の小さな消費者金融業者の特徴やスタンスも熟知していますので、依頼者の方の最大限のメリットにつながる交渉が可能です。

豊富な経験に裏打ちされた弁護士自身の迅速な手続きによって解決をはかりますから、時間的なロスも生まれません。スピード感をもった対応が当職の強みのひとつでもありますので、借金の悩みを抱える方はどうぞお早めにご相談ください。

弁護士法人札幌パシフィック法律事務所(札幌弁護士会所属)からのアドバイス

1人で悩みを深めることなく、早めに弁護士に相談を

借金問題は相談が遅れれば遅れるほど、おのずと苦しい時期が長引いてしまいます。そして早めに相談をいただければ、それだけ複数の解決方法や柔軟な手続きを提案できる可能性も高まります。1人で悩みを深めず、早めに弁護士に相談されるのが得策です。

当職では個人事業主の方や法人の破産手続きも手掛けています。法人の破産手続きには、高額の裁判所への予納金など、個人よりも高額の費用がかかってしまいます。破産に向けたスケジューリングも含めて親身に相談に乗りますので、早めにご連絡いただければ幸いです。

所属弁護士

佐々木 光嗣(ささき こうし)

佐々木 光嗣

登録番号 No.47063
所属弁護士会 札幌弁護士会

斎藤 大貴(さいとう だいき)

斎藤大貴単独写真 20200803

登録番号 No.52312
所属弁護士会 札幌弁護士会

弁護士費用

相談料:無料

①任意整理
着手金:1社3万3千円(税込)~
成功報酬:債務減額分の11%

②過払金
着手金:無料
成功報酬:回収金額の16.5%~

任意整理
相談料無料

着手金:1社3万3千円(税込)~
成功報酬:債務減額分の11%

過払い金請求
相談料無料

着手金:無料
成功報酬:回収金額の16.5%~

自己破産
相談料無料

着手金:27万5千円(税込)~
実費:2万円~(予納金は別途負担)

個人再生
相談料無料

着手金:33万円(税込)~
実費:3万円~(予納金は別途負担)

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

札幌市中央区北4条西2丁目1-1 カメイ札幌駅前ビル7F

〒060-0004 札幌市中央区北4条西2丁目1-1 カメイ札幌駅前ビル7F

事務所概要

事務所名 弁護士法人札幌パシフィック法律事務所
代表者 佐々木 光嗣
住所 〒060-0004 札幌市中央区北4条西2丁目1-1 カメイ札幌駅前ビル7F
電話番号 050-5267-5652
受付時間 平日 9:30〜18:00、土曜日 10:00~17:00
定休日 日曜・祝日
備考
メール受付はこちら

その他の北海道の債務整理に強い弁護士