債務整理に強い
弁護士が見つかるサイト

掲載事務所数
全国210以上

債務整理に注力
事務所を厳選

借金問題を解決したければ、債務整理に強い弁護士・司法書士に相談しましょう。当サイトでは全国から債務整理・自己破産に強い事務所が探せます。

債務整理に強い弁護士を「相談件数・閲覧数・おすすめ」で厳選

※表示順について

弁護士事務所の表示順については以下の基準に基づいて決定しています。

・有料掲載事務所を一部優先的に表示しています
・指定されたエリアの事案に対応可能かどうか
・掲載期間中の問い合わせの件数
  • 東京
  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

債務整理を弁護士に
依頼するつのメリット

依頼後は督促がストップ、精神的に楽になる

借金を返済できず滞納している時は、貸金業者からの激しい督促がストレスとなって⾟いものです。しかし、弁護士などの専門家に任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理を依頼すれば、督促は程なくストップします。債務整理の契約を結ぶと、弁護士はまず債権者に受任通知を送ります。受任通知を受け取ると、債権者から債務者への直接の連絡・取り立ては法的に禁止され、以後、債務者のもとに督促が届くことはもうありません。

時間と手間がかからない

弁護士に依頼すれば債務整理に関する面倒な作業はすべて任せることができます。精神面や時間の負担は感じず、生活再建のための取り組みに専念することが可能です。

借金を大きく減らす交渉⼒

債務整理を弁護士に依頼する最大のメリットは借金を大きく減らす交渉力です。論拠を持った主張と粘り強い対応で、債権者の納得や裁判所の判断を債務者に有利な形で引き出します。

債務整理・自己破産で弁護士を選ぶ
4つのポイント

  • 債務整理の実績経験が豊富か

    債務整理の実績・経験が豊富な弁護⼠を選ぶことで、借金のお悩みへの対応を安心して任せることができます。また、個々のケースに応じた最適な債務整理方法・借金問題の解決策を提案してもらえます。

  • 費用が明確で相場に合っているか

    債務整理後に必要な予算を見積もる上でも、費用が明確で相場に合った弁護士を選ぶことは重要です。限られた費用内でできることが明確になり、以後の生活再建の計画も見通しを立てやすくなります。

  • 対応が丁寧で説明がわかりやすいか

    借⾦問題は誰にでも相談できるものではありません。自分のプライベートな問題でも安心して相談でき、親身に解決に取り組んでもらえる事務所を選びましょう。

  • 自宅から通いやすい場所に事務所があるか

    債務整理の手続はオンラインや郵送で完結できる場合も多いですが、事務所に出向かなくてはならないケースも発⽣します。交通費など余計なコストを減らすためにも近隣の事務所を選びましょう。

人気のコンテンツ

新着コンテンツ

カテゴリメニュー

債務整理・自己破産に関する知識や情報

債務整理・自己破産について十分な情報や知識がないまま手続きをしてしまうと後々大きなトラブルが発生する可能性があります。事前に知っておきたい債務整理・自己破産に関する情報を掲載しています。

債務整理に関する記事一覧

任意整理に関する記事一覧

個人再生に関する記事一覧

過払い金請求に関する記事一覧

自己破産に関する記事一覧

特定調停に関する記事一覧

法人破産に関する記事一覧

債務整理・自己破産に関するよくある質問

債務整理をするには必ず弁護士に依頼する必要がありますか?

債務整理をするためには、必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。

ただし、債務整理は専門的な知識が必要です。債務整理手続きの進め方に精通している弁護士に依頼することで、自分で行うよりスムーズに、自分の状況に合った方法での手続きが期待できます。

また、債務整理による効果の面でも債務者本人が債権者と交渉できる範囲には限界があります。特に借り入れ金額が大きい場合、大きな減額、効果的な債務整理をしたい場合は弁護士に依頼した方が良いでしょう。

債務整理をするとクレジットカードは使えなくなりますか?

債務整理をすると信用情報機関に事故記録が残り、完済から約5年の間はクレジットカードはすべて利用できなくなります。任意整理で債務整理の対象にしなかったクレジットカードについても、この信用情報機関の事故情報が影響し使えなくなるのが通常です。もちろん新規のクレジットカード作成もできません。

借金の完済から約5年程度、任意整理や個人再生の手続き開始からすると最短で約8年、最長でも10年程度が経過すれば事故情報がなくなり、クレジットカードの利用・新規申し込みも可能となります。

誰にもバレずに債務整理をすることはできますか?

債務整理は、基本的に秘密で進めることは可能です。
本人が口外しなければ任意整理がバレることは基本的にありません。個人再生や自己破産の場合、官報に情報が掲載されますが日常的に官報を目にする人や職業はごく限定的なため、一般的には身近な家族や職場の方にバレる可能性は低いと言えるでしょう。

また、債務整理を行った事実は信用情報機関に事故記録が残ります。そのため、金融機関などから借入れをする際にはその信用情報が照会され、債務整理を行った事実が明らかになる可能性はあります。

債務整理は完了するまでに何年かかる?

任意整理や個人再生の場合、原則3年間の分割で残債の返済を進めていきます。ただし「特別の事情がある」と債権者や裁判所に認められた場合、5年に延長されるケースもあります。「特別の事情」とは、生活費・子どもの教育費・家族の医療費など正統な理由により「3年では難しいが、5年あれば完済できる」と債権者や裁判所からも認められるケースを指します。

また、自己破産の手続き開始から完了までにかかる期間は一般的に半年~1年程度と言われています。

債務整理をすると何年ローンが組めない?

一般的に、信用情報機関から債務整理を行った際の事故情報が消えるまで、最短で5年間は、ローンを組むことができません。事故情報登録の目安は任意整理であれば5年、自己破産・個人再生の場合は10年程度と言われているので、各手続きのスタートからすると8年~13年程度の間はローンが組めないと考えておくのが妥当です。

また債務整理を行った金融機関については、信用情報機関の事故情報が消えた後も、借入先の社内ブラックとして記録が残ります。そのため、債務整理を行った金融機関からは、5年・10年を過ぎても借り入れできない、一生借り入れできなくなるケースが通常です。