粘り強い交渉で紛争を回避! 遺産分割の問題解決は早めの相談を

宮路法律事務所

  • 宮路法律事務所
  • 宮路法律事務所サムネイル0
  • 宮路法律事務所サムネイル1
事務所名 宮路法律事務所
電話番号 050-5385-1771
受付時間 毎日 9:00~20:00
定休日 なし
住所 〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町32-13 セジュール前田201
アクセス方法 ・JR帖佐駅 徒歩10分
・姶良市役所駐車場隣
・イオンタウン姶良から車5分
  • 電話受付可能
  • 夜間電話受付
  • 土日電話受付
取り扱い可能な事案
  • 相続全般
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 相続放棄
  • 生前対策
  • 遺言作成
  • 事業承継
  • 相続税

宮路法律事務所の強みと特徴

地元出身の親しみやすい弁護士

いつでも気軽に相談できる法律事務所

鹿児島県姶良市にある「宮路法律事務所」の代表弁護士・宮路真行です。私は姶良市に生まれ育ち、大学を卒業して弁護士になるまで地元・鹿児島で過ごしました。学生時代から自閉症等の発達障がいを持った方々と関わる「日曜学級」などの活動に関わり、現在もライフワークとしています。

法律事務所はとかく敷居が高いといわれますが、当事務所はお客様が少しでも気軽に入れるよう、内装も外観も一般のお住まいと同じような造りにしており、いつでも気軽に相談いただける親しみやすい法律事務所を目指しています。

事務所はアットホームな雰囲気で、ご依頼1件1件に対して真摯に取り組む弁護士であることを心がけております。平日夜間や土日祝日でも事前に予約をいただければもちろんご対応。ご相談されるお客様が、少しでも心晴れるように、これまでの経験をいかしてスタッフ一同全力でお手伝いさせていただきます。

完全予約制&完全個室だから安心

県内全域を中心にあらゆる相続相談にご対応

当事務所では完全予約制、完全個室のため、ほかの方と顔を合わせる心配はなく、また相談したからといって必ず依頼しなければならないということはありません。弁護士のアドバイスを受けるだけでも問題解決へのきっかけになることがありますから、まずは気軽な気持ちでご相談ください。

これまで当事務所では、相続の問題について、鹿児島市内など都市部の不動産が相続財産となり、どう分けるかについて紛争になるような事例など、多くの問題をお受けしてきました。姶良市、霧島市、鹿児島市はもとより、北薩、南薩、大隅、離島県内全域を中心に、あらゆる相続のご相談にご対応いたします。

調停よりも協議による話し合いを重視

できるだけ協議で合意できるよう交渉に尽力

相続の問題では、たとえば遺産分割にあたって、きょうだい間で様々な主張が出てきて争いになる例もおのずと少なくありません。地方では「財産は長男が受け継ぐべき」という思い込みをしている人もいて、紛争が生じやすい面もあります。

もしも相続における紛争リスクがあると考えられる場合には、いち早く弁護士にご相談ください。当職はできるだけ紛争が深まらないよう、調停よりも協議による話し合いを重視し、粘り強く交渉を行ってまいります。

裁判所での遺産分割調停になると、どうしても紛争性が高まってしまい、解決までにより長い時間がかかってしまうことがあります。できるかぎり遺産分割協議で合意できるよう、弁護士が間に入って話し合いを調整していきます。

親族間の紛争が強まらないよう親身にサポート

もちろん、遺産分割協議ではもはや解決は難しく、平行線のままであれば速やかに調停に移行し、できるだけ早い合意が得られるよう努めます。事案ごとにふさわしい対応を見極め、できるだけ親族間の紛争性が強まらないよう、早い段階からサポートさせていただければ幸いです。

遺産分割に必要な相続人調査・財産調査もお任せ

マイナスの財産のほうが多い場合は相続放棄を検討

当事務所では、遺産分割に際して、相続人調査をしなければならないようなケースのご相談も数多くお受けしています。たとえば不動産の登記手続きが為されておらず、相続人が現在どのようになっているのか分からない…といった状況にあるような場合です。

遠方に相続人がいて、これまで人間関係がまったくなく、コンタクトがとりにくい…といったケースなど、紛争性がないような場合での相続人調査もお受けしています。

そのほか、相続に際して財産調査を行った結果、負債などマイナスの財産のほうが多いことが分かり、相続放棄が必要になるケースもあり得ます。相続放棄の手続きも当事務所で行っていますのでご相談ください。

「遺留分」の問題は弁護士に相談を

遺留分侵害額請求は1年以内に行使することが必要

これまで当事務所では、遺留分侵害額請求についてのご相談も多くお受けしてきました。遺留分侵害額請求とは、たとえば被相続人が特定の相続人等に「遺産のほとんどを譲る」といった内容の遺言を残していた場合など、一定の範囲の法定相続人が自己の最低限の遺産の取り分を確保することができるよう定められた民法の制度です。

遺留分として請求できる割合は決まっていますが、財産のほとんどが不動産の場合など、どう分けるかといった点でもめることがあります。遺留分侵害額請求の行使は相続発生後1年以内に必要である点にも注意が必要。遺留分は法律で定められた相続人の権利の一つですから、不動産評価などで不利な内容にならないようサポートいたします。

不動産業者や司法書士などの専門家や士業と連携

当事務所では、不動産業者や司法書士などの専門家や士業との連携も地域のなかで有しています。不動産の適切な評価や、登記の問題などもご相談いただけます。また、相続税が生じるような相続案件の場合でも、地元の税理士をご紹介できますのでご相談ください。

遺産分割の紛争予防には「遺言書」を作成

安全な遺言書にするには公正証書遺言がおすすめ

相続の問題において、遺産分割時の紛争やトラブルを防ぐには、事前に遺言書を作成しておくことが望まれます。遺言書には公正証書遺言と自筆証書遺言がありますが、より安全な遺言書にするには公正証書による作成がおすすめです。

遺言書は後になって、「相続人の誰かが無理やり書かせた」という主張が他の相続人から為されることがあります。公正証書遺言の場合、公証人のチェックを受けるため、遺言そのものが無効になることがなく、紛失・偽造の危険がないメリットがあります。後にトラブルを引き起さないためにも、公正証書遺言による作成が望ましいでしょう。

宮路法律事務所からのアドバイス

親族間の紛争を回避するためにも早めのご相談を

遺産相続の問題は紛争性が深まってしまうと、親族間の関係性に大きなヒビが入ってしまい、取り返しのつかない事態になりかねません。争いの要素がまだ浅い場合でしたら、弁護士がうまく間に入ることで、深刻な紛争にならずに解決できる可能性が高まります。

そのため、相続発生後に遺産分割が必要な局面になれば、まずは一度弁護士に相談されることをおすすめします。当事務所は、地域の事情や慣例などをよく知る地元出身の弁護士による親しみやすい法律事務所です。いつでも気軽にご相談いただければ幸いです。

所属弁護士

宮路 真行(みやじ まさゆき)

登録番号 No.48353
所属弁護士会 鹿児島県弁護士会

弁護士費用

相談料

5,500円/30分 ただし、法テラス利用可

着手金

22万円~

報酬金

22万円~ ただし、法テラス利用可

※上記は税込み価格です。

アクセス

鹿児島県姶良市宮島町32-13 セジュール前田201

〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町32-13 セジュール前田201

事務所概要

事務所名 宮路法律事務所
代表者 宮路 真行
住所 〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町32-13 セジュール前田201
電話番号 050-5385-1771
受付時間 毎日 9:00~20:00
定休日 なし
備考

その他の鹿児島県の遺産相続に強い弁護士