遺産相続に強い
弁護士が見つかるサイト

掲載弁護士数
全国295以上

相続に注力
弁護士を厳選

相続に強い弁護士を「相談件数・閲覧数・おすすめ」で厳選

※表示順について

弁護士事務所の表示順については以下の基準に基づいて決定しています。

・有料掲載事務所を一部優先的に表示しています
・指定されたエリアの事案に対応可能かどうか
・掲載期間中の問い合わせの件数
  • 東京
  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

相続のトラブルを弁護士に
依頼するつのメリット

弁護士は相続トラブル解決を取り扱うことのできる唯一の士業

相続に関する法律知識や経験が豊富な弁護士は、相続トラブルの原因や解決方法を的確に判断してくれます。また、弁護士は調停や審判などの紛争解決手続きを代行することができる唯一の士業です。相続トラブルに悩んでいる方は、早めに弁護士に相談してみましょう。

依頼者の利益を最大化できる

依頼者の相続における権利や義務を正しく把握し、適切な分割方法を提案してもらえます。

法的に中立の立場で交渉や説得

相続人同士の過度な対立を避け、法的に中立の立場から円満な解決を図ります

相続のトラブルを弁護士に
相談した方が良いケース

  • 相続人の間で遺産分割について意見が対立している

    弁護士に相談することで、遺産分割協議の進め方や合意形成の方法をアドバイスしてもらえます。また、協議が不調に終わった場合は、調停や裁判への対応を弁護士に一任できます。

  • 遺言書の有無や内容について疑問や不満がある

    弁護士に相談することで、遺言書の効力や解釈、取消しの可能性などを確認してもらえます。また、遺言書の内容に不服がある場合は、弁護士が遺留分減殺請求などの手続きを代理してくれます

  • 相続人との連絡が困難

    弁護士に相談することで、居所や連絡先のわからない相続人の所在や連絡先を調査してもらえます。また、相続人が海外にいる場合や死亡している場合などにも対応してくれます。

  • 相続財産に不動産や負債が含まれている

    弁護士に相談することで、不動産の評価や登記、負債の精算や免責などを適切に処理してもらえます。また、税金や保険などの問題も他士業と連携しスムーズに対応してくれます。

  • 生前に財産管理を相談したい

    弁護士に相談することで、将来の相続を円滑にする方法を提案してもらえます。生前贈与や遺言書作成など保有財産の内容に応じて最適な手段を検討してもらえます。

当サイトでよく見られているコンテンツ

最近公開されたコンテンツ

カテゴリメニュー

相続に関する基礎知識

相続について十分な情報や知識がないまま遺産分割をしてしまうと後々大きなトラブルが発生する可能性があります。実際に相続する前に知っておきたい遺産相続、財産分割の基礎知識を解説しています。

相続の基礎知識

相続財産の分け方

相続・死亡後の諸手続き

相続人の調べ方

相続税対策

相続財産の評価方法

遺言について知る

相続に関するよくある質問

遺言書がない場合の遺産相続はどうなるの?

遺言書がない場合は、民法に定められた法定相続制度を基準に遺産相続を行うことになります。相続人としての順位や相続分は、被相続人の配偶者や血族などにそれぞれ定められており、その分割割合は残された遺族の家族構成により大きく異なります。

遺言書がない場合は、法定相続分に沿って遺産分割を行うことが基本となりますが、相続人同士で遺産の分け方を話し合う「遺産分割協議」を行うことで法定相続分と異なる割合で相続することも可能です。

相続財産に不動産が含まれている場合はどうすればいいの?

相続財産に不動産が含まれている場合は、相続登記という手続きが必要です。相続登記とは、不動産の所有者が亡くなったことを登記所に届け出て、新しい所有者を登録する手続きのことです。

相続登記は、不動産の相続が発生した際、早めに行うことが望ましいです。
相続登記を行わないまま放置すると、不動産の名義人は故人のまま、所有者の証明が行えなくなり、売却や贈与といった管理手続きが行えなくなるおそれがあります。また適正な控除を適用できず、ムダな税金の支払いや手数料が増える可能性もあります。

所有者不明土地が将来の空き家増加につながる傾向も鑑み、相続登記は2024年4月から義務化される予定です。不動産の登記を巡ってお悩みの場合は、速やかに弁護士へ相談することをおすすめします。

相続人の特定や連絡が困難な場合はどうすればいいの?

相続人の特定や連絡が困難な場合は、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士は、相続人調査や戸籍謄本の収集などを代行してくれます。
また、弁護士は、中立的な立場で交渉や説得を行ってくれるので、相続人間の対立を激化させることなく、円満な解決に向けて進めることができます。