交通事故に強い
弁護士が見つかるサイト

掲載事務所数
全国328以上

交通事故に注力
事務所を厳選

交通事故の悩みを解決したければ、交通事故に強い弁護士に相談しましょう。当サイトでは全国から交通事故に強い事務所が探せます。

交通事故に強い弁護士を「相談件数・閲覧数・おすすめ」で厳選

※表示順について

弁護士事務所の表示順については以下の基準に基づいて決定しています。

・有料掲載事務所を一部優先的に表示しています
・指定されたエリアの事案に対応可能かどうか
・掲載期間中の問い合わせの件数
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 東海
  • 九州

交通事故のトラブルを
弁護士に依頼するつのメリット

[14級9号] 40代 会社員 慰謝料増額例 依頼した結果、慰謝料が約4倍の161万円増額し220万円になりました。

交通事故慰謝料が
増額される可能性が高くなる

[14級9号] 40代 会社員 慰謝料増額例 依頼した結果、慰謝料が約4倍の161万円増額し220万円になりました。

慰謝料の基準には3つの基準があります。保険会社が提示する慰謝料の額はほとんどのケースでもっとも慰謝料の額が低くなる自賠責保険基準を元に計算されたものであることが多いです。

弁護士に相談することで慰謝料の基準が最も高い裁判基準にすることが可能です。

交通事故慰謝料について

保険会社との示談交渉や書類作成を一任できる

交通事故に強い交渉のプロである弁護士が、あなた自身に代わって保険会社との示談交渉を行います。交渉が有利になるだけでなく心理的な負担も軽減することができます。

示談交渉について

過失割合の見直しができる可能性が高まる

過失割合に疑問がある場合に個人の方が交渉して見直される可能性は限りなく低いです。弁護士に相談することで現地の状況や過去の判例から適切な過失割合になる可能性が高まります。

過失割合について

通院・治療・症状固定についてのアドバイス

納得できる治療方法や通院期間が確保できるよう交通事故に精通した弁護士が法的な観点から適切な通院治療のアドバイスを行うことができます。

症状固定について

適正な後遺障害等級認定の獲得をサポート

適切な慰謝料を得るには後遺障害等級認定が重要です。むちうちから重篤な後遺症まで、症状にあった適切な認定を獲得できるようサポートします。

後遺障害等級について

ご契約中の保険をご確認下さい。

『弁護士費用特約』が付いていれば
自己負担額円で
弁護士を利用できます
※弁護士費用300万円まで

交通事故発生から
弁護士相談までの流れ

  1. 弁護士相談可能な
    タイミング

    基本的にどの時点でもご相談は可能ですが②治療開始時にご相談いただくと今後の交渉がスムーズに進みます。お困りのことがありましたらいつでも交通事故に強い弁護士にご相談ください。

    交通事故に強い弁護士
  2. 事故発生

    まずは警察を呼び状況に応じて救急にも連絡をしてください。その場で当事者同士で解決しようとするのは後々トラブルになる可能性が高いため絶対にしないようにしてください。

  3. 治療開始

    症状が軽かったとしても時間をあまりあけずに必ず外科・整形外科に行くようにしてください。

  4. 症状固定

    治療を続けても完治に時間を要する状態になると症状固定となります。弁護士相談は症状固定前までにご相談いただくとスムーズです。

  5. 後遺障害認定

    後遺障害の等級によって支払われる慰謝料が大きく変わります。内容がとても重要になるため弁護士にご相談ください。

  6. 示談交渉

    保険会社の提示する慰謝料は低く抑えられているケースが多いので金額の大小にかかわらず弁護士にご相談ください。

  7. 解決・慰謝料の受け取り

    ご自身の納得がいく形で示談交渉や慰謝料額を受け取ることが交通事故問題の解決になります。少しでも納得がいかない場合は交通事故に強い弁護士にご相談ください。

当サイトでよく見られているコンテンツ

最近公開されたコンテンツ

カテゴリメニュー

交通事故の豆知識

交通事故が起こった場合にお困りの方へ向けた情報や、事前に知っておきたい交通事故に関する情報まで役立つ記事を掲載しています。

交通事故の慰謝料と損害賠償

弁護士に相談・依頼する前に

交通事故の後遺障害

交通事故問題 示談編

知っておかないと損する過失割合

交通事故でよくある質問

事故を起こしてしまし相談したいが何を話せばよいかわからない

予め相談したい内容をまとめておくことが大切です。その上でまず先ご相談の目的を伝えるようにしましょう。

「保険会社の提示した慰謝料が適切か知りたい」
「過失割合が適切かどうか知りたい」
「事故にあってケガをしたが今後どのような行動が適切か」

弁護士がお客様のご要望にあわせてご対応いたします。

事故にあった本人ではなく、家族が相談することもできますか?

もちろん可能です。正式にご依頼となった場合にはご本人の許可を得る必要があります。

このサイトから弁護士に相談すると費用が発生しますか?

このサイトからの問い合わせは無料です。(通常の通話・通信料は発生します)
費用が発生する場合は必ず弁護士から費用の提示がございますのでご安心ください。

保険会社から今回のケースは弁護士特約を使う必要はないと言われましたが相談できますか?

そのような場合でもご相談ください。お客様のご状況によって弁護士がお力になれる場合がございます。